資料一覧
e-Learning
e-Learning for ISO
仕様書

役に立ちましたか?

はい
まあまあ
あまり
いいえ


投票結果を見る

第5回 ISO14001認証取得活動スタート~現場での環境を考えよう
その弐:環境側面の抽出~

B社は、来期に向けてISO14001の認証取得を目指す設備メンテナンス会社です。 B社は食品製造業であるA社の子会社として1年前に設立され、全国に数ヶ所あるA社工場設備のメンテナンスの他、関連会社の設備のメンテナンスと設備の入れ替え工事等を請け負っています。

第一ステップとして、環境方針を作成するために必要な社内の実態把握をすることになりました。

(部門長会議にて)

N専務:
「お疲れさんです。来期に向けて、うちでISO14001の認証取得を目指すことになったんやけど、その下準備として皆に協力してもらいたいことがあるんやぁ。ISO認証取得の目的とか具体的にどんな取り組みにしていくんかとか、また別の機会を設けて、社長から全従業員に伝えるから。先ずは、資料配るでー。」

Excelファイルをダウンロードできます

N専務:
「これは、業務の流れに沿ってその都度必要なもの(例えば材料とかエネルギーとか)は何か、業務の工程によって出来る/発生するもの(例えば修理品とか不要なものも含む)は何かを洗い出す表ですわ。」

「これを参考にして具体的なISO活動内容を決めていくから、部門責任者の視点からしっかり洗い出してや!」

メンテナンス部門C課長
「インプット・・・?アウトプット・・・。何か記入事例とかないんですか?」

設備部門K課長
「それもやけど、その前に環境側面って?イマイチ分からへん・・・。」

N専務:
「そやな・・・。いきなり事例出すよりも、一回やってみよか。やりながら“環境側面”が何なんか分かると思うし。じゃ、Cやん。メンテナンス部の仕事って何がある?」

メンテナンス部門C課長
「設備のメンテナンス、修理、巡回とかですね。」

N専務:
「よし。ほんなら、“設備のメンテナンス”を例にやってみよか!まず、メンテナンスする設備って何や?」

メンテナンス部門C課長
「多いのは配管の手直し、油圧機器、コンプレッサ、クーリングタワーやポンプもメンテナンスします。他にはボイラー、包装機、充填機等もありますが難しいのと法的な部分で出来ないのは専門の外注を使います。」

N専務:
「設備によって、メンテナンスの流れ・・・工程は変わるんか?」

メンテナンス部門C課長
「どういう意味ですか??」

N専務:
「そやから・・・例えば、最初は現場行って下見してから作業するやろ?そういうのや。」

メンテナンス部門C課長
「あー、そういうことですか。基本は変わりません。どの設備でも下見をしています。ですが、設備が違えば当然メンテナンスの内容は変わります。」

設備部門K課長
「そら変わるわな。」

N専務:
「よし、わかった。じゃ、例はもっと具体的に“冷却配管の水漏れ修理”にしよか。さっき渡した表あるやろ?あれに書いてみるで。」

N専務:
「こんな感じやな・・・。下見する時は、何がいるんや?あと、下見した後は報告書を書くんか?」

メンテナンス部門C課長
「下見をする時は、簡易点検書を持っていきます。それで下見から帰ってきたら見積書を出します。」

N専務:
「そうか、ほんじゃあ下見で必要なものは“インプット”の所に書いて、下見後のやつは“アウトプット”に書くんやで。」

メンテナンス部門C課長
「こんな感じですか?」

N専務:
「おう。大事なもん忘れとるで。現場まで歩いて行くんか?」

メンテナンス部門C課長
「いえ、車で行きます。」

N専務:
「車動かすには、ガソリンいるやろ?ガソリンも必要なものとして書いときや。」

メンテナンス部門C課長
「はい・・・。じゃ、出るものは例えば“排気ガス”とかですか?」

N専務:
「そうや!それも“アウトプット”になるな。書いといてや。」

設備部門K課長
「・・・あのー。表の書き方は何となく分かってきたんやけど、さっき言ってた“環境側面”いうのは、どうやって書くんですか?」

N専務:
「おー。良い質問やな。今書いてるのがそうや。車1つとっても、やれガソリン使うわ、排気ガス出すわ、音がうるさいわ・・・何やかんやあるやろ?目に見えへんけど“環境に影響は与えている”と思わへんか?ガソリンだって資源やで。ずっとあるわけじゃないんやで。資源枯渇や。」

設備部門K課長
「・・・要するに、業務の流れに沿って、業務毎に使うもの・出るものを書くっちゅーこと?それが“環境側面”って言うこと??」

N専務:
「そういうことや!環境側面って言葉が難しく聞こえるけど、今言ったそのまんまのことや。“環境側面とは、事業活動を取り巻く環境に関連する要素のことを言います。”ってことや!」

設備部門K課長
「なーるほど。」

メンテナンス部門C課長
「意味が分かりました。言葉はまだ慣れませんけどね。」

(次回へ続く)

環境側面の抽出

環境側面とは、事業活動を取り巻く環境に関連する要素のことを言います。

1.抽出の際、先ずは“環境に関連するかどうか”を意識せずに「業務に関連する要素」として“インプット”と“アウトプット”をとにかく書き出します。

インプットは業務に必要なもので、材料や燃料、エネルギー等があります。アウトプットは業務の結果で、成果物や発生する不要物等があります。
※業務の結果(アウトプット)が次の業務のインプットになることもあります。

2.環境側面は業務単位で考えます。
業務はひとつひとつの仕事のつながりで成り立っており、そのつながりを工程/プロセスと言います。

次回は、「現場での環境を考えよう ~その弐:環境側面の抽出(続編)~」をテーマに学習します。