presage-sx

ec-sl

ec-isu

★空気圧縮機及びメイン配管上の問題解決「空圧システムソリューション」に関するご依頼事項は
下のボタンをクリックしお申込みください。

ソリューション・フォーム 

【夏季休業のご案内】
 期間:8月13日~8月16日   17日より通常営業

【本社・尼崎営業所 電話番号変更のご案内】

総合受付「050-5519-6930」を変更いたしました。電話番号は右上「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。尚、FAX番号に変更はございません。


[TOPICS]
 2021/3/28

「そのインバータ・コンプレッサ(可変速機)の機種選定で大丈夫ですか!?」

一般的な工場で1~3台のインバータ機と定速機を組み合わせて台数制御することがベストな選択です
※インバータコンプレッサには容量制御を行う可変速機とスターターの固定速機があります。


設置台数の半数以上がインバータコンプレッサ(可変速機)となる場合のデメリット

①インバータと定速機を組み合わせた台数制御システムは全機インバータと比べ省エネ効果が0.5~3%高。※弊社製品の場合

②同出力であればインバータ機と定速機は数十万円から数百万円購入コストが高。

③連続運転によるメンテナンスサイクルが早。

④インバータ関連の修理部品ありメンテナンスコストが定速機より増。

⑤インバータ機をインバータ機に更新し続けることでしか現状を維持することが不可。

⑥100%負荷で運転するのにインバータ機は不要。


入コスト(固定資産)、修理・メンテナンスコスト、更新計画、省エネなど工場全域を多次元で最適化することが重要です。⇒ITICOMPではこれらのソリューション提案を行っております。
お問い合わせフォームより「空気圧縮機関連の運用改善・機種選定に関して」をチェックしご連絡下さい。


[新着情報]


社長日報スマートフォン用サイトWEBプレゼンテーション