機種一覧に戻る

SAS-A型

1. 故障発生によりランプが点滅する。
2. 「故障」キーSWを押すと、表示部に下記の記号が表示される。
3. 故障のリセットは「故障」キーSWを長押し(2秒)する。

警報

A-1
[吐出空気温度H]
センサ:サーミスタ
タイムラグ:1.0秒
設定:105℃
検知タイミング:常時
A-2
[エアフィルタ]
センサ:A接点
タイムラグ:10秒
設定:-
検知タイミング:常時
A-3
[ドライヤ異常]
センサ:B接点
タイムラグ:1.0秒
設定:-
検知タイミング:ドライヤ運転後
A-4
[入気温度「高」]
センサ:サーミスタ
タイムラグ:10秒
設定:42℃
検知タイミング:始動アンロード完了後
A-5
[吐出空気温度HH]
センサ:サーミスタ
タイムラグ:1.0秒
設定:108℃
検知タイミング:常時

異常

E-1
[吐出空気温度E]
センサ:サーミスタ
タイムラグ:1.0秒
設定:110℃
検知タイミング:常時
E-2
[逆相]
センサ:B接点
タイムラグ:1.0秒
設定:-
検知タイミング:常時
E-3
[ドライヤ異常]
センサ:B接点
タイムラグ:1.0秒
設定:-
検知タイミング:ドライヤ運転後
E-4
[過負荷]
センサ:B接点
タイムラグ:1.0秒
設定:-
検知タイミング:常時

その他

d--L
[サーミスタ断線]
断線しても運転を続けます。「故障コード」のランプも点滅しませんので、断線の有無はモニタの「吐出空気温度」の表示で確認してください。
P0.12
[圧力センサ断線]
断線しても運転を続けます。ただしアンロード状態となるため、エアは供給されません。「故障コード」のランプも点滅しませんので、断線の有無はモニタの「サービス圧力」の表示で確認してください。